Topics

【お知らせ】8月15日(木)臨時休館のお知らせ

8月15日(木)は台風の接近に伴い
誠に勝手ながら休館とさせていただきます。
カフェ・サ・サンボンも休業いたします。
なにとぞ、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

【お知らせ】竹宮惠子プロデュース「オリジナル香水」調香体験が、装いも新たに 〜魅力満載〜 で登場!

竹宮惠子プロデュース・オリジナル香水
「Terra(テラ)」
「Shion’ nore(シオン・ノーレ)」
「NILE innocent(ナイル・イノセント)」
この3種類の香水が、特別にデザインされた
ステッカー&タグ付きの香水瓶とセットで、
10月14日から新たに登場することになりました。
 

 
竹宮惠子先生の創作によるオリジナル香水
「テラ」「シオン・ノーレ」「ナイル・イノセント」のレシピで、
竹宮先生と同じ香水づくりの旅を辿ってみてはいかがでしょうか?
 
調香体験のご案内

【開催日時】 10月14日より毎日 10:00ー18:00(体験受付 17:00まで)
【所要時間】 約20分
【体験料/サンキュー価格】 各 ¥3,900円(30ml瓶、税込)
3種セット ¥10,530(税込)

———————————————————————————————————

お問い合わせ:大分香りの博物館(Tel:0977-27-7272   e-mail:info@oita-kaori.jp)

【お知らせ】漫画家 竹宮惠子トークショーを開催!! 〜竹宮惠子プロデュース「オリジナル香水」調香体験を記念して〜

竹宮惠子プロデュース・オリジナル香水
「Terra(テラ)」
「Shion’ nore(シオン・ノーレ)」
「NILE innocent(ナイル・イノセント)」
3種類の香水が、竹宮先生により特別にデザインされた
ステッカー&タグ付きのの香水瓶とセットで、
10月14日から新たに登場します。
 
新たな調香体験の旅立ちを記念し、
漫画家・京都精華大学大学院教授の
竹宮惠子先生によるトークショーを開催します。
———————————————————————————————————

開催日時 令和元年10月14日(月・祝) 開演13:00
場所 大分香りの博物館 3階
参加費等 事前お申込み(150名様)・入館・聴講とも無料

———————————————————————————————————
 
なお、トークショー終了後、14:30~16:00は大分香りの博物館3階で、
九州初の 新刊『スタイル破りのマンガ術』サイン会を行います。
ふるってご参加ください。
 
———————————————————————————————————
お申込み:大分香りの博物館(Tel:0977-27-7272   e-mail:info@oita-kaori.jp)
 

【お知らせ】ベップアートマンス2019参加行事「第15回香りの文化講座」が開催されます!

15回目の香りの文化講座は
「クニ・トシロウの~香りとマンガ~」のテーマで、
漫画家/アニメディレクター/別府大学客員教授の
クニ・トシロウ先生をお招きしてご講演を頂きます。
ーーーーー

開催日 令和元年9月21日(土)開演13:00
場所 大分香りの博物館3階
参加費 入館・聴講とも無料

ーーーーー
クニ・トシロウ先生は2005年—2012年 別府大学文学部教授を勤められました。
アニメ「笑ウせえるすまん」の総監督としてよく知られていますが、
歴史マンガも数多く手掛け、2018年には別府観光の父 油屋熊八を描いた絵本
『ピッカピッカのおじちゃん』を刊行されています。
本講座では“香り”を切り口にしたクニ・トシロウの世界をご披露いただきます。
ーーーーー

お申込み 大分香りの博物館

(Tel:0977-27-7272 e-mail:info@oita-kaori.jp)

【ブログ】親子香りの体験学習を開催しました!

大分香りの博物館では毎年、大分県の支援を受け、

小・中学生と保護者を対象に親子香りの体験学習を開催しています。

今年も7月20日に第1回目が行われました。当日の様子をお知らせします。

【ハーブ園観察】

直前まで強い雨が降っていましたが、観察時は小降りとなり、

レモングラスやラベンダー、ユーカリなど職員の説明を聞き、

香りを確かめる人もいました。

【香りのミニ講座】

ハーブ園のミントの葉を浮かべたペパーミントティーを味わいながら、

ハーブやアロマのお話を聞いてもらいました。

アロマオイルのついたろ紙(ムエット)の匂いを嗅ぎ、

アロマとハーブの違いをしっかり確認している様子です。


【アロマ精油づくり】

ハーブ園のローズマリーを使い、水蒸気蒸留で精油づくりを行いました。

たくさんのローズマリーを使っても、とれる精油はほんの少しだけです。


【香水づくり体験】

初めて使うスポイドも、使い方を教わりながら香水づくりに挑戦しました。


参加した小学生は「アロマだけじゃなく、
いろいろな匂いで香水を作れて楽しかった」、

保護者の方からは「作った香水の感想を、
親子で伝え合い、いい時間を過ごせました」など、

多くの感想をいただきました。

次回は8月3日(土)、次々回は8月17日(土)に開催します。※申込み受付は終了致しました。

【お知らせ】夏期限定のお得な「親子香水作り体験教室」が7月13日から始まります!

大分香りの博物館では、下記のように
小・中学生と保護者を対象にお得な「親子香水づくり体験教室」を開催します。
-
【期間】7月13日(土)〜9月1日(日)
【開催時間】10:00〜18:00(受付:随時 最終17:00)
【参加費】4,000円(親子ペア入館料・30ml香水2本 瓶込・税込)
【対象】小・中学生と保護者のペア
※参考 通常価格¥5,100(入館料 大人500円、小中200円、調香体験2,200円×2本)
(他の割引券との併用はできません)

-
世界に1つだけのオリジナル香水づくりに親子で挑戦してみてはいかがですか?
インストラクターが付くので、小学生でも簡単にお作りいただけます。
この機会に是非、親子で思い出の香り作りを!
ご来館をお待ちしています!
-

随時受付けますのでカウンターにてお申し込みください。
詳しくはスタッフにお尋ねください。

【ショップ便り】「温泉水あまざけ」が再入荷いたしました!

昨年末の販売で大好評いただきました「温泉水あまざけ」

7月6日より大分香りの博物館ミュージアムショップで販売!

お求めやすい価格に値下げしました。

300ml ¥500(税込)

別府大学 食物栄養科学部 発酵食品学科 塩屋幸樹講師と学生が開発した

別府の温泉水を使用した甘酒で、濃厚な味わいが特徴です。

アルコールを含みませんのでいつでもどなたでもお召し上がりいただけます。

甘酒は江戸時代から飲む栄養剤として特に夏場に愛飲されてきました。

別府のお土産に是非ご利用下さい。

【ハーブガーデン】あじさい巡り

お庭のあじさいが満開になりました。

お庭を歩くと、いろいろなあじさいが目に留まります。

あじさいの他にもカンパニュラやマリーゴールドなど

様々なお花が心を和ませてくれます。

ぜひお散歩にいらしてください。

【お知らせ】「2019年度香りの文化振興事業」のご案内

大分香りの博物館で2019(令和元)年度に開催いたします、

-

「香りの文化振興事業」のご案内です。

-

香りにまつわる講座や体験、企画展などの日程を示しておりますので

-

下記をクリックしてご覧くださいませ。

-

ご家族・ご友人とお誘いあわせのうえ、

-

ぜひご参加ください。

-

【ホットニュース】大分香りの博物館で放送大学の面接授業がありました

去る68日(土)〜6月9日(日)に、放送大学大分学習センター

(〒874-8501 別府市北石垣82(別府大学39号館2階))

が開講する面接授業「香りの科学」が実施されました。

講師は大分香りの博物館の江崎一子館長、同館参与の廣瀬孝博調香師。

-

授業は以下の順に、放送大学大分学習センター、別府大学36号館発酵食品学科研究室、

大分香りの博物館において行われました。

-

1香りの世界(江崎)

2嗅覚のはたらき(江崎)

3香り・においの分析方法(江崎・吉井/場所:36号館発酵食品学科研究室)

4香りの歴史と文化(江崎/場所:大分香りの博物館)

5香りの作用(江崎)

6現在の香り・未来の香り(江崎)

7香りを創る(廣瀬/場所:大分香りの博物館)

8香りの博物館見学とまとめ(江崎/場所:大分香りの博物館)

-

受講者は、大分県内にとどまらず、東京、兵庫、愛媛、佐賀、福岡、宮崎の

県外各地から面接授業に臨まれた33名の方々。

愛媛からは、50歳代のご子息と一緒に受講された女性も。

受講者の熱意に、嬉しさと同時に身の引き締まる思いに駆られたのは

講師陣だけではありませんでした。

-

3香り・においの分析方法」では、

匂いかぎつきガスクロGC/MSシステムを用いた分析方法を見学していただきました。

別府大学発酵食品学科吉井文子教授がバラの香りの分析を行い、

受講者の方々にはコンピューター画面に出た匂いのピークを実際に嗅いで確かめるという

楽しい体験をしていただきました。

匂いかぎつきガスクロGC/MSシステム分析の説明を行う吉井文子教授と、

順に匂いを嗅ぐ受講者の方々(別府大学発酵食品学科4階 機器分析室)

-

4香りの歴史と文化」では、大分香りの博物館に移動し、展示している2500年前の香油瓶、

中世やロココ、アール・ヌーヴォー、アール・デコ時代の香水瓶、

中国や朝鮮半島でつくられた香炉、日本の香道具、水蒸気蒸留器、

珍しい動物性天然香料などの見学も交え学んでいただきました。



19世紀にフランスの香水工場で使用されていた水蒸気蒸留器の見学をする受講者の方々

-

伏籠と香炉で焚く練香を例に日本の香文化について説明する江崎館長

-

7香りを創る」では、大分香りの博物館の調香体験工房で、香料や香水の基礎知識を学んだあと、

各人が好きな香料を調合してオリジナル香水を創るという授業を実施しました。

「香りの科学」の中で最も関心の湧いた授業と答えた方が3割以上おられましたが、

調香体験は当博物館の特徴とする体験でもあり、

今後さらに研究を重ね充実を図っていくことが大切であると、あらためて感じることができました。

-

香料について説明する廣瀬調香師

-

香水づくりのために、試嗅しながら好きな香料を選ぶ受講者の方々