Topics

【ブログ】開館10周年記念公開講座を開催しました

おかげさまで、当館は11月29日に10周年を迎えることができました。

日頃より皆様にご愛顧をいただき、心より感謝申し上げます。


11月25日に、大分香りの博物館開館10周年記念イベントとして

公開講座「香りの文化講座」を開催しました。


第一部の記念講演会では、

九州大学大学院システム情報科学研究院教授 都甲 潔先生に

「匂いと味を可視化する」と題し、ご講演をいただきました。

先生のユーモアを交えたわかりやすい講演に時折笑いがおきるなど、

楽しく拝聴することができました。

第二部では、「マリー・アントワネットの香りとピエスの香階音楽の共演」と題し、

当館の調香師・廣瀬孝博が再現した

「マリー・アントワネットの愛したプチトリアノンの香水」を会場に漂わせる中、

テレマンやバッハのバロック音楽を、

大分県立芸術緑丘高校教諭 岩下倫之氏(バロックフルート)

延岡市の演奏家 渡辺久仁子氏(チェンバロ)

原川中学教諭 柳谷一弘氏(チェロ)に、演奏して頂きました。

今回、岩下氏が「マリー・アントワネットの香水」に使われた15種類の香料を

ピエスの香階にあてはめて作曲した「プチトリアノンの香り」も披露され、

会場はその音色に魅了、

演奏を聴いているとマリー・アントワネットの美麗な姿が目に浮かび、演奏に引き込まれました。

「プチトリアノンの香り」は1月31日まで3階企画展会場で試嗅できますので、

ぜひ、実際に嗅いでロココ時代を感じてみてください。