‘ニュース’ カテゴリーのアーカイブ

【ホットニュース】大分香りの博物館で放送大学の面接授業がありました

2019 年 6 月 18 日 火曜日

去る68日(土)〜6月9日(日)に、放送大学大分学習センター

(〒874-8501 別府市北石垣82(別府大学39号館2階))

が開講する面接授業「香りの科学」が実施されました。

講師は大分香りの博物館の江崎一子館長、同館参与の廣瀬孝博調香師。

-

授業は以下の順に、放送大学大分学習センター、別府大学36号館発酵食品学科研究室、

大分香りの博物館において行われました。

-

1香りの世界(江崎)

2嗅覚のはたらき(江崎)

3香り・においの分析方法(江崎・吉井/場所:36号館発酵食品学科研究室)

4香りの歴史と文化(江崎/場所:大分香りの博物館)

5香りの作用(江崎)

6現在の香り・未来の香り(江崎)

7香りを創る(廣瀬/場所:大分香りの博物館)

8香りの博物館見学とまとめ(江崎/場所:大分香りの博物館)

-

受講者は、大分県内にとどまらず、東京、兵庫、愛媛、佐賀、福岡、宮崎の

県外各地から面接授業に臨まれた33名の方々。

愛媛からは、50歳代のご子息と一緒に受講された女性も。

受講者の熱意に、嬉しさと同時に身の引き締まる思いに駆られたのは

講師陣だけではありませんでした。

-

3香り・においの分析方法」では、

匂いかぎつきガスクロGC/MSシステムを用いた分析方法を見学していただきました。

別府大学発酵食品学科吉井文子教授がバラの香りの分析を行い、

受講者の方々にはコンピューター画面に出た匂いのピークを実際に嗅いで確かめるという

楽しい体験をしていただきました。

匂いかぎつきガスクロGC/MSシステム分析の説明を行う吉井文子教授と、

順に匂いを嗅ぐ受講者の方々(別府大学発酵食品学科4階 機器分析室)

-

4香りの歴史と文化」では、大分香りの博物館に移動し、展示している2500年前の香油瓶、

中世やロココ、アール・ヌーヴォー、アール・デコ時代の香水瓶、

中国や朝鮮半島でつくられた香炉、日本の香道具、水蒸気蒸留器、

珍しい動物性天然香料などの見学も交え学んでいただきました。



19世紀にフランスの香水工場で使用されていた水蒸気蒸留器の見学をする受講者の方々

-

伏籠と香炉で焚く練香を例に日本の香文化について説明する江崎館長

-

7香りを創る」では、大分香りの博物館の調香体験工房で、香料や香水の基礎知識を学んだあと、

各人が好きな香料を調合してオリジナル香水を創るという授業を実施しました。

「香りの科学」の中で最も関心の湧いた授業と答えた方が3割以上おられましたが、

調香体験は当博物館の特徴とする体験でもあり、

今後さらに研究を重ね充実を図っていくことが大切であると、あらためて感じることができました。

-

香料について説明する廣瀬調香師

-

香水づくりのために、試嗅しながら好きな香料を選ぶ受講者の方々


【お知らせ】朝日新聞に大分香りの博物館の記事が掲載されました!

2018 年 6 月 21 日 木曜日


614日(木)朝日新聞の夕刊に


大分香りの博物館についての記事が1面を割いて掲載されました!


博物館内の展示から体験の様子までイラストや写真付きで


分かりやすく示していただいております。


全国の皆様に大分香りの博物館の魅力をリアルに


感じていただけたのではないでしょうか…☆


下記のURLをクリックして、ログインをして頂くと、


デジタル版で記事をご覧いただけます。


ぜひご覧くださいませ!


https://digital.asahi.com/articles/DA3S13540509.html


【ホットニュース】「においかおり環境賞」を受賞

2017 年 5 月 27 日 土曜日

5月25日、大分香りの博物館は
公益財団法人「におい・かおり環境協会」から「におい・かおり環境賞」を授与されました。
「香りの歴史・文化・学術等に触れて学ぶことができるよう独創的な常設展示、さらには企画展や香りの調合体験コーナーを設けるなど、来訪者が普段経験できない香りの世界を作り上げている」と評価をいただきました。
伝統ある協会からこのような栄誉ある賞をいただきましたことに深く感謝するとともに、これを励みにいっそう香り文化の普及や啓蒙に職員一丸となって取り組んでまいりますので、今後ともご支援ご鞭撻をよろしくお願いします。

大分香りの博物館 館長 江﨑一子